ニュース
» 2014年04月17日 12時32分 UPDATE

「Chrome Remote Desktop」のAndroid版公開 iOS版も年内に

リモートでWindows、Mac、LinuxのデスクトップにアクセスするChromeアプリ「Chrome Remote Desktop」のAndroid版が公開された。Android端末からWindowsやMacのファイルを操作できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月16日(現地時間)、Android端末からWindowsやMacのデスクトップにアクセスできるリモートデスクトップアプリ「Chrome Remote Desktop」をGoogle Playで公開した。iOS版も年内に公開する計画という。

 remote 1 Android端末上でWindowsのフォルダを開く

 Googleは2011年10月にChrome Remote DesktopをWindows PC、Mac、Linux版ChromeブラウザおよびChromebookの拡張機能として公開した。これにより、Chrome上で生成するワンタイムのアクセスコードを入力することでリモートのPCやMacに接続し、操作できる。これが、Androidからも可能になった。

 この機能を使うには、アクセスされる側の端末にもChromeアプリ版をインストールし、設定しておく必要がある。

 remote 2 初回のみ12桁のコードを入力する(左)、ファイルの検索も当然可能(右)

 設定方法は既存の拡張機能版と同じなので、こちらの記事を参照されたい。

 Windowsのデスクトップに接続するためのAndroid向けリモートデスクトップアプリは米Microsoftも公開しているが、Chrome Remote DesktopであればMacにもアクセスできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -