ニュース
» 2014年04月24日 07時36分 UPDATE

Apple、iPhoneが好調で増収増益だがiPadの販売台数は減少

Appleの1〜3月期の決算は、iPadの売り上げは減少したがiPhoneが好調で1桁台の増収増益だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが4月23日(現地時間)に発表した2014年第2四半期(1〜3月)決算は、売上高は前年同期比5%増の456億4600万ドル、純利益は7%増の102億2300万ドル(1株当たり11.62ドル)だった。アナリスト予測は売上高が435億3000万ドル、1株当たり純利益が10.18ドルだった。

 粗利益率は39.3%で前年同期の37.5%を上回った。

 ティム・クックCEOは発表文で、「iPhoneの力強い販売とサービスからの記録的な売り上げを誇りに思う。今後もAppleにしかできない新製品やサービスを紹介していくことを楽しみにしている」と語った。

 iPhoneの販売台数は前年同期比17%増の4372万台、売上高は14%増の260億6400万ドル。

 iPadの販売台数は16%減の16350万台だった。iPadの販売台数は2013年第3四半期にも減少している。売上高は13%減の76億1000万ドル。業績発表後の電話会見でルカ・マエストリ財務担当副社長はiPadの売り上げ減少の理由は在庫の問題と説明した。

 Macの販売台数は5%増の414万台で売上高は1%増の55億1900万ドルだった。

 iPodの販売台数は51%減の276万台で売上高は52%減の4億6100万ドル。iTunes Storeやその他のサービスなどの売り上げは11%増の45億7300万ドルだった。

 Apple TVの累計販売台数は約2000万台で、2013年のコンテンツを含むApple TV関連の売り上げは10億ドルを超えたという。

 地域別売上高では、中国と日本の伸び率がともに2桁台だった。中国は前年同期比13%増。中国通信キャリア最大手のChina Mobileが2014年1月にiPhone販売を開始した。日本での売上高は26%増だった。

 4〜6月期の見通しについては、売上高を360億〜380億ドル、粗利益率を37〜38%と抑えめに予測した。

 同社はまた、2015年末までに300億ドルの自社株買いを行い、株式分割を実施することも発表した。この株式分割で、現在の1株を7株にする。同社は昨年5月、向こう3年間で総額1000億ドルの株主還元を実施すると発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -