ニュース
» 2014年05月07日 20時09分 UPDATE

ソフトバンク、営業益1兆円超に 純利益ドコモ抜く

ソフトバンクの14年3月期は営業益が初の1兆円超え。純利益でもドコモを抜いた。

[ITmedia]

 ソフトバンクが5月7日発表した2014年3月期の連結決算(IFRS)は、営業利益が前期比35.8%増の1兆853億円と、初めて1兆円を突破した。

 孫正義社長は「営業益の1兆円超えは日本ではNTT、トヨタ自動車とソフトバンクの3社だけ。ソフトバンクは33年と、最も短い期間で達成した」と胸を張った。

photo 「ドコモを売上高、営業利益、純利益、ユーザー数、ネットワークの接続しやすさで抜いた」=ソフトバンクのライブ配信より

 売上高は約2.1倍の6兆6666億円。買収した米Sprint Nextelの売上高2兆6010億円が加わった上、移動通信事業の拡大やガンホー・オンライン・エンターテイメント、ウィルコムなどの子会社化も増加要因になった。

 iPhone販売の拡大などで売上原価・販管費は拡大したものの、ガンホーとウィルコムの子会社化に伴う再評価で約2500億円を計上し、営業益は初めて1兆円を超えた。純利益も41.5%増の5270億円と、NTTドコモ(4647億円、米国会計基準)を初めて上回った。

 移動通信事業は35.0%増の3兆1655億円、セグメント利益は17.8%増の6089億円。ソフトバンクモバイルの通期の純増契約数は344万5000件、3月末時点の累計契約数は3592万5000件だった。ARPUは前期から100円減の4450円(データARPUは150円増の2930円)。端末販売数は前期から106万2000台増の1417万5000台。解約率は前期から0.18ポイント増の1.27%。

 Sprint事業は2兆6010億円の売上高に対し、セグメント損益は12億円の赤字。ただ、1〜3月期は569億円の黒字となった。

 今期(15年3月期)の連結業績見通しは、売上高が8兆円、EBITDAが2兆円、営業利益が1兆円。今期は一時的利益を含まずに1兆円を目指すとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -