ニュース
» 2014年05月08日 12時40分 UPDATE

3Dプリンタで銃を製造 銃刀法違反で男逮捕

3Dプリンタを使って殺傷能力のある拳銃を製造し、所持していた疑いで男が逮捕された。

[ITmedia]

 3Dプリンタを使って殺傷能力のある拳銃を製造し、所持していたとして、神奈川県警は5月8日、銃刀法違反の疑いで川崎市の大学職員の男(27)を逮捕した。報道によると、3Dプリンタによる銃の摘発は国内初。

photo 押収されたものと同型の拳銃の1つ

 調べでは、男は4月12日、殺傷能力のある銃2丁を自宅に隠し持った疑いがもたれている。

 警察は家宅捜索で樹脂製の拳銃5丁を押収し、鑑定の結果2丁に殺傷能力があることが分かったという。

 男は製造した拳銃を映した映像をYouTubeに投稿していた。動画は現在視聴できない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -