ニュース
» 2014年05月08日 14時21分 UPDATE

KDDI、新電子マネーサービス「au WALLET」スタート

KDDIがプリペイド型電子マネーサービス「au WALLET」をスタート。世界のMasterCard加盟店で使える上、支払いに使えるポイントもたまるお得さを打ち出し普及を目指す。

[ITmedia]

 KDDIは、プリペイド型電子マネーサービス「au WALLET」を5月21日にスタートする。世界のMasterCard加盟店で使えるほか、支払いでポイントもたまるお得さとスマートフォンとの連携を打ち出し、ネットとリアルを融合した新しい電子マネーの定番に育てたい考えだ。

 KDDIの田中孝司社長は「電子マネー1件当たりの決済金額はまだ低いが、決済件数はクレジットカードの3割にまで伸びている。これからさらに伸びるだろう」と普及に期待する。

photo au WALLETカードを掲げる田中社長=ライブ配信より
photo

 au WALLETは、auサービスを利用するための「au ID」にリアル店舗でも利用できる決済機能を追加するもの。傘下の電子マネー「WebMoney」と、MasterCardのプリペイド決済システムを組み合わせた。

 専用カードを発行し、世界約3810万のMasterCard加盟店で利用できるのが特徴。200円の利用につき1ポイントを付与し、たまったポイントは買い物や携帯電話料金の支払いなどに使える。提携店のセブン-イレブン・ジャパンでは200円で2ポイント、マツモトキヨシでは200円で3ポイントなど、ポイント付与率を優遇する。

 チャージはauかんたん決済やauショップ、じぶん銀行、クレジットカードなどで可能。オートチャージも設定できる。専用アプリ「au WALLETアプリ」をリリースし、残高の確認やスムーズにチャージできるようにする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -