ニュース
» 2014年05月09日 15時52分 UPDATE

Uber、チャイルドシート付きハイヤーを開始

スマートフォンによるハイヤーサービスのUberが、チャイルドシート付き車両を呼べる「uberFAMILY」をニューヨーク市でスタートした。料金はuberX+10ドル。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 スマートフォンアプリからハイヤーの配車を頼めるサービスを提供する米Uberは5月8日(現地時間)、ニューヨーク市でチャイルドシート付きハイヤーサービス「uberFAMILY」の提供を開始した。

 uber 1 選択肢として新たにFAMILYが加わった
 uber 2 UberのTシャツを着たCar Seat Ladyのメンバー

 Uberアプリに追加された「uberFAMILY」ボタンで、チャイルドシートを設置した「uberX」(米国で提供している5種類のサービス中最も安価なランク)を呼べる。料金はuberX価格+10ドル。ドライバーはチャイルドシートの安全普及に取り組むThe Car Seat Ladyによるレクチャーを受けており、子供を安全に座らせることができるという。

 uber 3

 設置するチャイルドシートは、米シートベルトメーカーIMMIと共同開発した軽量で脱着が簡単な「IMMI Go」という製品。生後12カ月以上で体重が10〜22キロの子どもを座らせることができる。uberXのドライバーは自分でこのシートを購入し、The Car Seat Ladyのレクチャーを受講することでuberFAMILYプログラムに参加できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -