ニュース
» 2014年05月12日 17時20分 UPDATE

初音ミク、レディ・ガガライブの舞台裏 通常半日の準備を30分で

レディ・ガガのワールドツアーに初音ミクが出演している舞台裏をクリプトンが明かした。通常半日かけるセッティング作業を30分に短縮する新システムを開発したという。

[ITmedia]

 クリプトン・フューチャー・メディアは5月12日、歌手のレディ・ガガさんのワールドツアー「The ARTPOP Ball」のオープニング・アクトとして初音ミクが“登場”する舞台裏について明らかにした。

photo セッティングの様子
photo

 透明スクリーンにキャラクターの3DCGを投影する初音ミクコンサートは通常半日かけて映像装置をセッティングするが、今回の使用可能時間はわずか30分。撤収時間も10分と限られており、短時間での準備/片付けが必要なため、従来と異なる「30システム(サンマルシステム)」を新たに開発したという。

 同社の地元、札幌市の舞台技術者やクリエイターと協力し、約1カ月の短期間でプロトタイプを制作。素早く入退場するため生身のダンサーも起用し、バーチャルとリアルを融合したステージにした。初音ミクのダンスは「イーハトーヴ交響曲」などのモーションを担当したYumikoさんが手がけ、Perfumeの振り付けや演出を担当するMIKIKOさんのダンスカンパニー「ELEVENPLAY」のダンサー2人がともに踊る。

 ミクは6月3日まで、米国内で行われる全16公演に出演する。同ツアーの日本公演は8月に予定されている。ツアーを終えた「30システム」と制作時のドキュメンタリー映像は7月から開催される「札幌国際芸術祭 2014」に出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -