ニュース
» 2014年05月13日 20時44分 UPDATE

海上に携帯基地局、復旧を迅速化 KDDIと海保が実験

災害時を想定し、海上の船舶に携帯電話基地局を開設する実証実験をKDDIと海保が行う。

[ITmedia]

 KDDIは5月13日、海上保安庁の船舶上に携帯電話基地局(実験試験局)を開設する実証実験を22日に行うと発表した。外洋における実験は国内初。

photo 船舶型携帯電話基地局の仕組み (イメージ図)

 鹿児島県主催の総合防災訓練に参加し、十管本部の協力で実施する。南大隅町の海上で巡視船「さつま」に基地局を開設。2GHz帯のオムニアンテナから高台の避難場所に向けサービスを提供する実用性を、電波強度や船の揺れによる品質への影響などの観点から確認する。

 総合防災訓練は南海トラフ地震を想定して実施。KDDIは通信障害の早期復旧に向けて車載型基地局、可搬型基地局、無線エントランス回線の増強などに取り組む。陸上の被災状況に左右されない海上からの復旧も検討することで、より迅速な対応を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -