ニュース
» 2014年05月21日 17時52分 UPDATE

ニコ動がH.265に対応 圧縮率2倍でトラフィック緩和期待

ニコニコ動画で今夏ごろから新動画コーデック「H.265/HEVC」による配信が始まる。圧縮率が2倍に高まっており、トラフィックの緩和が期待できるという。

[ITmedia]

 ドワンゴとニワンゴは5月21日、「ニコニコ動画」で今夏ごろから新動画圧縮規格「H.265/HEVC」による配信を始めると発表した。現在のH.264 MPEG-4 AVCより圧縮率が2倍に高まっており、トラフィック混雑時でも同じ画質の動画を快適に視聴できるとしている。

photo

 まず一般会員が混雑時に表示される低画質動画ついてH.265/HEVCへの変換を開始。その後、順次同規格に対応した動画を増やしていく。

 同規格はH.264 MPEG-4 AVCの後継コーデック。圧縮率に優れ、ニコ動のトラフィック緩和が期待できるとしている。ただ、視聴にはデコーダを搭載する端末が必要な上、PC用Webブラウザも未対応。将来は端末の普及やトラフィック緩和効果をみながら、プレミアム会員がより高画質な動画を視聴できるよう、新規投稿動画について順次対応していく。

 国内ではNTTドコモの「dアニメ」がH.265/HEVCへの対応を始めた(「dビデオ」も対応を予定)。ドコモ夏モデルでは12機種中8機種が同コーデックに対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -