ニュース
» 2014年05月23日 09時02分 UPDATE

HP、1万6000人のさらなる人員削減を発表

メグ・ホイットマンCEOの下、長期的な方向転換中のHewlett-Packardが、これまでの3万4000人に加え、さらに最大で1万6000人の人員削減を計画していると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Hewlett-Packardは5月22日(現地時間)、第2四半期(2〜4月)の業績発表で、1万1000人〜1万6000人の人員を削減する計画を発表した。

 同社は2012年5月から累計で既に3万4000人を削減しており、今回の発表はそれに続くものだ。

 2013年の年次報告書(リンク先はPDF)によると、2013年10月末時点の総従業員数は約31万7500人なので、約5%の人員削減に相当する。

 メグ・ホイットマンCEOは発表文で「われわれは徐々に、より機敏で、低コストで、顧客とパートナーを重視する企業に変わりつつある」とし、HPの方向転換は順調に進んでおり、四半期ごとに改善が進んでいると語った。

 同四半期の売上高は前年同期とほぼ同じ273億900万ドル、純利益は18%増の12億7300万ドル(非GAAPベースの1株当たり純利益は88セント)で、売上高はアナリスト予測(売上高が274億ドル、純利益が88セント)をわずかに下回った。

 第3四半期(5〜7月)については、非GAAPベースの純利益を1株当たり86〜90セントと予想。通年の予測は、非GAAPベースの純利益を1株当たり3.63〜3.75ドルとした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -