ニュース
» 2014年05月23日 13時55分 UPDATE

物に触れた感覚を再現、硬さも伝えるシステム NHKと東大が開発

物体の形状と硬さを非接触で測定し、物体を触った感覚を仮想的に再現できるシステムをNHKと東京大学が共同で開発した。

[ITmedia]

 NHKと東京大学は5月22日、物体の形状と硬さを非接触で測定し、物体を触った感覚を仮想的に再現できるシステムを共同で開発したと発表した。食べ物や生き物など、視覚だけでは伝えられない触感覚を伝達できる情報サービスに生かせるとしている。

画像

 東大が新たに開発した、物体の形状と硬さ両方の分布を測定できる装置と、NHKが開発した、指先に触れた感覚を再現する「触・力覚ディスプレー」を用いて実現した。

 レーザー変位計と超音波を組み合わせることで、物体の形状と硬さの分布を非接触で測定。測定データから作成した形状と硬さの分布を表すモデルを、触・力覚ディスプレーで指先に複数の点の刺激として与えることで、物体を触った感覚を再現する。

 作成したモデルの映像を空間に投影することで、物体を視覚的にも体験でき、直に触った感覚をよりリアルに再現できるとしている。

 研究成果は、5月29日〜6月1日の「技研公開 2014」で紹介する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -