ニュース
» 2014年06月11日 14時52分 UPDATE

2018年には動画が総トラフィックの75%に──Cisco予測

Ciscoのインターネットに関する年次予測によると、2018年には世界の総トラフィックの75%を動画が占めることになる。接続端末のタイプ別では、IoTが全体の35%を占める。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Cisco Systemsは6月10日(現地時間)、年次予測「Cisco VNI Service Adoption Forecast, 2013-2018」を発表した。

 この予測は、ビジュアルネットワーキングアプリケーションの影響を追跡し、予測することを目的とした継続的なイニシアティブ、「Cisco Visual Networking Index(VNI)」の一環として作成されたものだ。

 VNIによると、世界のインターネット人口は、2013年は25億人で、2018年には40億人に上り、総人口の51%を占めるという。

 ネットワークに接続する端末の総数は、2013年の120億台から210億台に増加する。端末のタイプ別では、スマートフォンとタブレットの伸びが大きいが、それ以上にいわゆる「IoT(物のインターネット)」端末が急増し、2018年には全端末の35.2%を占めるようになるという。2018年にはPCは全体のわずか7%になる。

 cisco 1 タイプ別インターネット接続端末台数推移(資料:Cisco Systems)

 年間のインターネットトラフィックは20%以上増加し、2018年には1.6ゼタバイト(ゼタバイトは10の21乗)を超える見込み。

 トラフィックの種類別では、2013年に既に全体の57%を占めていたインターネット動画が成長し、2018年には75%に達するという。

 cisco 2 タイプ別インターネットトラフィック推移(資料:Cisco Systems)

 動画トラフィックの増加は、視聴回数が増加するだけでなく、動画品質の向上も反映している。2013年には動画トラフィックの76%が標準解像度だったが、2018年には高精細動画が46%を、超高精細動画が8%を占めるようになる。

 cisco 3 タイプ別動画トラフィック推移(資料:Cisco Systems)

 この他の多様な分析についてはCiscoのページを参照されたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -