ニュース
» 2014年06月23日 09時46分 UPDATE

SkypeのWindows版とMac版、旧バージョンは“リタイア”へ

SkypeがWindows版とMac版の旧バージョンを“引退(retire)”させるとし、ユーザーに最新バージョンにアップデートするよう呼び掛けた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoft傘下のSkypeは6月20日(現地時間)、WindowsおよびMac版のSkypeの旧バージョンを向こう数カ月中に“引退(retire)”させると発表した。

 “引退”が具体的に何を意味するのか(サポートを終了するのか、起動すらしなくなるのか、Windows 8.1のようにアップデートの対象外になるのか、など)は不明だが、Skypeはユーザーに対し、最新バージョンにアップデートするよう勧めている。

 Microsoftの説明では「最新、最良の機能を最新バージョンで提供することに集中しているので、旧バージョンを引退させることにした」となっている。

 引退するのはWindows版のバージョン6.14以前とMac版のバージョン6.14以前。本稿執筆現在の最新バージョンは、Windows版はバージョン6.16、Mac版は6.18だ。

 Windows版の最新バージョンはWindows XP SP3、Windows Vista、Windows 7/8/8.1で利用できる。

 Mac版の最新バージョンが利用できるのはMac OS X Snow Leopard以降で、最新バージョンの機能をフルに利用できるのはMavericks以降となっている(詳細はサポートページを参照のこと)。

 skype

 デスクトップ版Skypeの最新バージョンには、無料のグループチャット機能や端末間のメッセージング同期機能などが搭載されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -