ニュース
» 2014年06月23日 19時34分 UPDATE

Google、「アルゴリズム改善に常に注力」 「ロリ」問題でコメント

「アルゴリズムの改善に注力している」――Googleで「ロリ」を含むワードの検索結果が激減していた問題に関連し、Google日本法人が児童ポルノ対策についてコメントした。

[ITmedia]

 Googleで「ロリ」を含むワードを検索した際、表示される検索結果の数が激減していた問題に関連し、Google日本法人は6月23日、児童ポルノ関連ワード対策について、「識別精度の向上を始め、アルゴリズムの改善に常に注力している」とコメントした。

 コメント全文は以下の通り。

 「Googleは、児童への性的虐待に対して厳粛な対応を行っており、これらの違法なコンテンツをGoogle製品で表示しないように取り組んでいます。この取り組みは困難な課題であり、完璧に対応できているとはいえませんが、Googleでは、コンテンツや検索キーワードの識別精度の向上を始め、アルゴリズムの改善に常に注力しています」

画像 23日現在でも「ロリ エロ」で検索した結果は2ページ目までしか表示されない

 Google検索で「ロリ」関連ワードに異常があったのは6月4日〜20日ごろ。「ロリ」単体や、「ロリ 陵辱」「ロリ 巨乳」「ポロリ」などのワードで検索結果の数が激減し、WikipediaやTwitterなど大手サイトしかヒットしない状態になっていた。20日までに問題はほぼ解消したが、23日現在でも「ロリ エロ」など一部のワードで問題が続いている。

 「ロリ」関連ワードの規制はGoogleがグローバルで行っている児童ポルノ対策の影響とみられるが、「合法な2次元の表現まで検索できなくなり、表現の自由の侵害につながりかねない」などと批判が起きていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -