ニュース
» 2014年06月24日 18時01分 UPDATE

薬のネット販売店、メール問い合わせに「返事なし」45% 厚労省調査

薬のネット販売店にメールで問い合わせをすると、45%の店舗から返事がなかった――厚労省の調査結果。

[ITmedia]

 薬のネット販売店にメールで問い合わせをすると、45%の店舗から返事がなかった――厚生労働省がこのほど公表した、薬局・薬店が消費者に適切に説明を行っているかなどを調査した「一般用医薬品販売制度定着状況調査」(2013年度)で、こうした結果が明らかになった。

画像

 厚労省から委託を受けた調査会社が今年1月、ネット販売店300サイトを調査した。

 店舗の管理者の氏名の記載があった店舗は77.3%(前年度は93.5%)、勤務する薬剤師・登録販売者の別や氏名が記載されていたのは73.3%(同79.6%)、薬品のリスク分類の記載があったのは64.0%(同45.3%)だった。

 メールで医薬品について問い合わせた際、返信があったのは54.7%。昨年度は58.7%、一昨年度は65.7%となっており、返信率は年々悪化している。

 返信があったサイトでは、文面から返信者を判断。返信者が薬剤師だったのは2.4%で、残りの97.6%は不明だった。

 薬事法は、購入者から相談があった場合は、必要な情報を提供するよう薬の販売業者に義務づけている。6月12日の医薬品のネット販売解禁を受け厚労省は、医薬品の販売ルールの周知に努めるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -