ニュース
» 2014年07月03日 08時01分 UPDATE

Microsoft、メールでのセキュリティ情報通知を再開

プロセスを見直した結果、日本時間の7月4日に公開する月例セキュリティ情報の事前通知から、メールによるお知らせを再開することにしたという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftが打ち切りを通告していたメールによるセキュリティ情報の通知サービスを、米国時間の7月3日から再開すると表明した。米メディア各社が伝えた。

 同社はITプロフェッショナル向けに、セキュリティ情報の事前通知やサマリー、アドバイザリーなどの新規公開や改訂に関するお知らせをメールで受け取れるサービスを提供していたが、6月27日の時点で「政府の政策の変更」を理由に、このメールの配信を7月1日で打ち切ると利用者に通告していた。

 しかしメディア各社の報道によれば、Microsoftはプロセスを見直した結果、米国時間の7月3日(日本時間4日)に公開する月例セキュリティ情報の事前通知から、メールによるお知らせを再開することにしたという。

 日本時間の7月3日朝の時点で、日本のマイクロソフトのセキュリティ情報通知案内のページには「RSS、Twitter、Facebook」が利用できると記載され、電子メールでの通知については触れていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -