ニュース
» 2014年07月17日 15時13分 UPDATE

ベネッセ情報流出、派遣SEを逮捕 顧客データ複製の疑い

ベネッセの情報流出問題で、警視庁は不正競争防止法違反の疑いで外部業者のSEの男(39)を逮捕した。

[ITmedia]

 ベネッセコーポレーションから大量の個人情報が流出した問題で、警視庁は7月17日、不正競争防止法違反(営業秘密の複製)の疑いで、顧客データベースの管理を委託されていた外部業者のシステムエンジニアの男(39)を逮捕した。

 男はベネッセグループの情報処理子会社「シンフォーム」の東京支社(多摩市)でデータベースから個人情報を複製した疑いがもたれている。これまでの調べで、男のIDで顧客情報がコピーされた痕跡が残っていたことが判明していた。報道によると、男は容疑を認めており、名簿業者に数百万円で販売したなどと話しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -