ニュース
» 2014年07月22日 09時43分 UPDATE

GoogleのChromebook、米公立学校が第2四半期に100万台以上購入

「PC1台分の予算でChromebookなら3台購入できる」──。Bridgeport学区のCIOは、将来的には第4学年以上の全生徒がChromebookを使えるようにすると語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月18日(現地時間)、米国の学校が第2四半期(4〜6月)に100万台以上のChromebookを購入したと発表した。

 chromebook

 同社は、コネティカット州で2番目に規模の大きいBridgeport学区のCIO(最高技術責任者)を務めるデビッド・アンドレード氏のコラムを公式ブログで紹介した。アンドレード氏によると、Bridgeportには失業中の家庭の生徒が多く、そうした家庭ではPCを触れないため、学校に高価なデスクトップPCを置くよりも安価で携帯できるChromebookを選んだという。PC1台分の予算で3台のChromebookが購入できる。

 また、Chromebookのアップデートは自動のため、人数の少ない学校のIT管理者の負担がPCよりも少ないことをメリットに挙げた。同学区の目標は、第4学年(9歳)以上の全生徒にChromebookを配布することとしている。

 Googleは14日、日本でも企業・教育機関向けにChromebookを発売すると発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -