ニュース
» 2014年07月29日 07時35分 UPDATE

Mozilla、暫定CEOのクリス・ベアード氏を正式CEOに

前CEOが過去の同性婚禁止法案支持が問題視されて辞職した後、Mozillaの暫定CEOを務めてきたクリス・ベアード氏が正式CEOに就任した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Mozillaは7月28日(現地時間)、4月から暫定CEOを務めているクリス・ベアード氏を正式なCEOに任命したと発表した。

 chris クリス・ベアード氏

 同氏は、Mozillaの共同創業者であるブレンダン・アイク氏がCEO就任直後、思想的な問題で辞職した後、暫定CEOに就任した。

 Mozillaの取締役会は内外の多数のCEO候補を検討したが、ベアード氏が最適だという結論に達したとしている。

 ベアード氏はエジンバラ大学でMBA取得後、カナダ政府や米Hewlett-Packard(HP)などを経て2004年にMozilla入りし、2013年6月までCMOを務めた。その後米ベンチャーキャピタルGreylock Partnersのパートナーになってからも、Mozillaのミッチェル・ベイカー会長のアドバイザーを務めていたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -