ニュース
» 2014年08月06日 19時19分 UPDATE

「ハイスコアガール」単行本を自主回収 スク・エニ「著作権侵害の認識はない」 連載は継続

スク・エニが「ハイスコアガール」の自主回収を決めた。雑誌連載は継続。アニメ化の予定にも「変更はない」としている。

[岡田有花,ITmedia]

 人気漫画「ハイスコアガール」がゲームのキャラクターを無断で使用していたとして、出版元のスクウェア・エニックスが著作権法違反容疑で家宅捜索を受けた問題で、同社は8月6日、同作コミックスを全巻自主回収することを明らかにした。電子版の販売も停止する。

 スクウェア・エニックス・ホールディングスの広報担当者は、「今回の事態は、SNKプレイモアと話をしていた中で起きた。著作権侵害という指摘について、事実という認識はないが、お騒がせしている状況なので自主回収を決めた」としている。

画像 ハイスコアガールのコミックス一覧(公式サイトより)
画像 電子版を販売していたKindeストアでは8月6日午後7時時点で、「現在ご利用いただけません」と表示されている

 ハイスコアガールは1〜5巻と公式ファンブックを刊行済みだが、全て自主回収する。電子版の販売も停止する。電子版購入済みのユーザーの閲覧は引き続き可能で、「現時点で、購入済みユーザーが閲覧できなくなることはない」としている。

 「月刊ビッグガンガン」での連載は継続する。アニメ化の予定にも「変更はない」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -