ニュース
» 2014年08月11日 16時40分 UPDATE

「なりすましメール防止安心マーク」銀行への導入開始

正規のドメインから送られているかをメール受信者が確認できる「なりすましメール防止安心マーク」の銀行への導入がスタートした。

[ITmedia]
画像

 ヤフー、ニフティ、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)など7社・団体は8月11日、送信ドメイン認証技術などを導入し、正規のドメインから送られているかをメール受信者が確認できる「なりすましメール防止安心マーク」の銀行への導入を始めたと発表した。第1号として常陽銀行(水戸市)が採用を決めた。

 送信ドメイン認証(DKIM:DomainKeys Identified Mail)と、法人などのドメイン情報を管理しているJIPDECの「サイバー法人台帳ROBINS」の情報を組み合わせ、銀行の公式のドメインから送られたことを、対応Webメールのサーバで認識。メール画面に「安心マーク」を表示する。

 同マークは、ネット選挙運動解禁を機に、政党からのメールマガジンに採用されている。なりすましメールによるフィッシング詐欺対策としての導入も進めていく。

 取り組みには、ヤフー、ニフティ、JIPDECのほか、インフォマニア、シナジーマーケティング、トライコーン、パイプドビッツが参加している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -