ニュース
» 2014年08月13日 07時19分 UPDATE

Appleも従業員構成を開示──男性が70%、白人が55%

Google、Facebook、Twitterに続き、Appleもダイバーシティ開示ページを開設した。性別では従業員全体の7割が男性と、他社とほぼ同じ状態だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月12日(現地時間)、従業員のダイバーシティ(多様性)を開示するWebページを開設した

 米Googleが5月に同様のWebページを開設して以来、LinkedIn、Yahoo!、Facebook、Twitter(公開順)などの米IT大手が追従している。

 従業員の男女比は、全体では70%が男性で、技術系では80%、幹部では72%だった。

 人種の比率(米国のみ)は、全体では白人が55%、アジア系が15%、ヒスパニック(ラテンアメリカ)系が11%、黒人が7%。幹部では白人が64%、アジア系が21%、ヒスパニックが6%、黒人が3%。

 apple

 ティム・クックCEOはこのページで、「CEOとして、私はこの数字に満足していない。われわれはこの問題についてずっと懸命に取り組んできた」と語り、上級幹部としてエディ・キュー氏(ヒスパニック)、アンジェラ・アーデンツ氏(女性)、デニス・ヤング氏(黒人・女性、リテール担当副社長であって上級幹部ではない)がおり、7月には新取締役として女性のスーザン・ワグナー氏を迎えたことに触れた(これで取締役8人中2人が女性になった)。

 apple 2 現在のAppleの上級幹部チーム。女性が1人、非白人が1人含まれる

 クック氏はまた、Appleはダイバーシティを人種と性別だけの問題ではなく、性的指向、軍歴、身体障害なども含むものと考えていると説明。同氏は昨年11月、米Wall Street Journalに「職場での平等は事業に良い効果を与える」と題したコラムを寄稿し、ゲイ差別禁止法案支持を呼び掛けた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -