ニュース
» 2014年09月05日 07時45分 UPDATE

画像投稿アプリ「Twitpic」が9月25日にサービス終了へ Twitterとの商標問題で

Twitterに画像や動画を手軽に投稿できることで人気のTwitpicが9月25日にサービスを終了する。Twitterから、「Twitpic」の商標登録出願を取り下げなければAPIを遮断すると通告されたからとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Tiwtter向け写真共有サービスの米Twitpicは9月4日(現地時間)、9月25日にサービスを終了すると発表した。ユーザーがTwitpicを使って投稿してきた画像と動画はすべてリンク切れになる。数日中に画像と動画をエクスポートするツールを公開する計画だ。

 Twitpicは2008年にリリースされたTwitterで(GIFアニメを含む)画像や動画を投稿するモバイルアプリを提供している。

 twitpic

 Twitpicのノア・エベレットCEOは公式ブログで「数週間前、米Twitterから(Twitpicの)商標登録出願を取り消さなければAPIへの接続を失うことになると通告された。われわれは非常にショックを受けた。Twitpicは2008年からサービスを提供しており、米特許商標局(USPTO)への商標登録出願は2009年から行っているのだから」と説明した。

 USPTOのデータベースによると、Twitpicの申し立ては2013年9月に却下されている。

 「われわれはTwitterのような大企業ではなく、ブランドを守るための豊富なリソースを持ち合わせていないので、Twitpicをシャットダウンする決心をした」(エベレット氏)

 Twitterは複数のメディアに対し、以下のような声明を送った。「Twitpicが終了するのは残念だ。われわれはサードパーティー開発者に対し、Twitpicが数年にわたって提供してきたようなTwitter向けサービスを構築することを推奨している。また、われわれは(Twitpicに対し)Twitpicという名前を残して運営を続けられる可能性をはっきり示した。無論われわれはTwitterのブランドを守る必要があり、ブランドには関連する登録商標も含まれる」。“可能性”が具体的にどのような方法なのかは不明だ。

 Twitterの「ブランドガイドライン」では、製品名に「Twitter」や「Tweet」を含めないこと(Tweetは条件付き)、それらに類するものを使用した商標の登録を申請しないことを求めている。

 twitpic 2 Twitterのブランドガイドライン(一部)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -