ニュース
» 2014年09月05日 19時54分 UPDATE

災害時に避難所の「ほしい物リスト」公開へ Amazon、徳島県と協定

アマゾンジャパンと徳島県が協定。災害時に必要な物資を、県内の避難所ごとにAmazon.co.jpの「ほしい物リスト」で公開し、避難所に届けられるようにする。

[ITmedia]

 アマゾンジャパンと徳島県は9月5日、大規模災害発生時の支援協定を結んだと発表した。災害時に必要な物資を、県内の避難所ごとにAmazon.co.jpの「ほしい物リスト」で公開。Amazonユーザーに周知し、有志のユーザーに購入してもらうことで、必要な物資を避難所に届けられるようにする。

 ほしい物リストは、Amazonの商品からほしい物を選んでリスト形式で公開し、ほかのユーザーに購入・プレゼントしてもらうための機能。協定は、南海トラフ地震など巨大地震が徳島県で発生した際を想定しており、県内の避難所に必要な物資をAmazonユーザーに支援してもらいやすくする狙いだ。

 アマゾンジャパンは「ほしい物リスト」に関するマニュアルを徳島県に提供し、避難所ごとリストの初期設定を支援する。大規模災害発生時には、物流が回復次第、県内の各避難所が必要な物品を「ほしい物リスト」で公開。Amazonは特設ページを公開するなど、リストの周知を支援する。

 アマゾンジャパンによると、東日本大震災発生後に「ほしい物リスト」を活用し、約7000カ所以上の避難所、学校、非営利団体、個人宅などに合計10万個以上の物資をユーザーが支援できるよう整備したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -