ニュース
» 2014年09月18日 08時01分 UPDATE

Yosemiteまで待つ?:「iOS 8」アップデート、Appleが「iCloud Drive」について説明

iOS 8のアップデートで「iCloud Drive」にアップグレードすると、アップグレードしていない他の端末でiWorkのドキュメントが見えなくなったり「Clear」などのアプリで同期ができなくなるので注意が必要だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは9月17日(現地時間)、同日リリースした新モバイルOS「iOS 8」の新機能「iCloud Drive」をアップグレードする場合の「iWork」について、サポートページで説明した。

 iCloud Driveは、従来の「iCloud」と異なり、「Google Drive」や「Dropbox」のようにファイルを保存できるクラウドストレージ。Macでも、10月末とみられている(公式発表では「今秋」)次期OS「OS X Yosemite」で利用できるようになる。同じApple IDを持つ端末(とWindowsのブラウザでログインするWebアプリ)でファイルを共有できる。

 icloud 2 iOS 8へのアップデート中に表示される画面

 だが、持っているiOS端末のいずれかでiCloudからiCloud Driveにアップグレードすると、アップグレードしていない他の端末のiWorkアプリからはそれまでiCloudに保存してきたファイルが見えなくなるので注意が必要だ。

 つまり、MacではYosemiteにアップデートするまでiWorkが使えなくなる。iPhone 4以前の端末はiOS 8にアップデートできないので、これらでもiWorkを使えなくなる(Appleは「iCloudなしのiWorkは使える」としているが、それでは使えないに等しい)。

 iCloud Driveにアップグレードしないためには、iOS 8へのアップデートでiCloud Driveのアップグレードをするかどうかを確認する画面が表示されるので、そこで「今はしない」を選択する。この画面には「注意:以下のデバイスからiCloudに現在保存されている書類にアクセスするには、iOS 8またはOS X Yosemiteへのアップグレードも必要です」と表示される。

iCloud Driveにアップグレードしないと

 アップグレードしなければ、iCloud Driveにアップグレードしていないものを含むすべてのiOS端末およびMacで従来通りドキュメントを共有できる。

 WindowsのWebブラウザでiCloud.comにログインしている場合は、iWorkアプリを開こうとするとiCloud Driveへのアップグレードを促され、アップグレードすると(他の端末でiCloud Driveにアップグレードしていなくても)保存してあるドキュメントを表示できる。

 windows

iCloud Driveにアップグレードすると

 iCloud Driveにアップデートすると、他の端末のiWorkアプリからファイルが見えなくなる。WindowsのWebアプリの場合は上記の通り、いずれにしてもiCloud Driveにアップグレードすることになる。

iWork以外の、iCloudを利用するアプリ

 「Clear」や「Day One」など、iCloudを利用するサードパーティー製アプリの場合も1つの端末でiOS 8にアップデートすると他のアップグレードしていない端末とデータが同期できなくなる。Appleはサードパーティー製アプリについては(当然だが)言及していないが、各アプリが自社サイトやApp Storeのページで注意を喚起している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -