ニュース
» 2014年09月29日 19時46分 UPDATE

ドコモ、高精度な機械翻訳サービス開発・運営で合弁会社

ドコモが高精度な機械翻訳技術の開発とサービス運営を目指し合弁会社設立。NTTやNICTの技術も活用し。日常からビジネスまで活用できるサービスを展開する。

[ITmedia]

 NTTドコモは9月29日、高精度な機械翻訳技術の開発とサービスを展開する合弁会社を10月に設立すると発表した。訪日外国人の増加や日本企業による海外展開の拡大に対応し、日常的なシーンからビジネスまで活用できる翻訳サービスの提供を目指す。

 新会社は「みらい翻訳」。翻訳ソフト大手の韓国SYSTRAN INTERNATIONAL、音声認識・翻訳システムに開発に実績があるフュートレックと合弁で設立する。資本金は9億9000万円で、ドコモが51%、SYSTRANが30%、フュートレックが19%を出資する。

photo

 日本語を軸とした翻訳技術の開発と翻訳サービスを展開。まず英語、中国語、韓国語を中心に、将来はベトナム語、タイ語、インドネシア語なども対象にしていく。買い物や観光など日常生活で活用できる一般向けサービスと、法律や専門分野などの同時通訳、社内文書の翻訳などビジネス向けサービスを展開していく。

 ドコモは「はなして翻訳」サービスで実績があり、また独立行政法人・情報通信研究機構(NICT)の多言語翻訳エンジン、NTTが持つ日本語解析処理に基づく機械翻訳技術も活用し、世界最高レベルの機械翻訳精度を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -