ニュース
» 2014年10月01日 13時00分 UPDATE

「docomo ID」で不正ログイン6000件 リスト型攻撃受け

「docomo ID」がリスト型攻撃による不正ログインを受け、6072ユーザーの氏名や住所、口座情報などが流出した可能性。

[ITmedia]

 NTTドコモは9月30日、「docomo ID」が不正ログインを受け、6072ユーザーの氏名や住所、電話番号、口座情報などが流出した可能性があると発表した。流出したID・パスワードによるリスト型アカウントハッキングを受けたという。

 不正ログインが発生したのは9月27〜29日。29日に特定のIPアドレスから不正ログインの試みを確認した。調査した結果、同社サーバへのハッキングによるIDの流出などはなく、リスト型アカウントハッキングを受けたとみている。

 閲覧された可能性のある情報は、携帯電話番号、氏名、住所、電話番号、生年月日、口座情報、DCMXカードの利用履歴、契約内容。不正ログインを受けたIDは、パスワードを変更しなければ利用できないように、対象ユーザーには個別に連絡した。

 同社はユーザーに対して、他社サービスとは違うパスワードを設定することや、2段階認証(ワンタイムパスワード認証)を利用することなどを推奨している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -