ニュース
» 2014年10月01日 19時03分 UPDATE

電池が減ると「お腹空きました」 シャープ、スマホがユーザーに話しかける「emopa」

ユーザーの気持ちに寄り添ったメッセージを音声や画面表示で知らせる新機能「emopa」をシャープが開発。今冬以降発売の同社製スマートフォンに順次搭載する。

[ITmedia]

 シャープは10月1日、ユーザーの気持ちに寄り添ったメッセージを音声や画面表示で知らせる新機能「emopa」を開発し、今冬以降発売の同社製スマートフォンに順次搭載すると発表した。

画像

 天気予報に応じて出かける前に「傘を忘れないでくださいね」と伝えたり、電池が減ると「お腹がすきました」と話しかけるなど、環境やタイミングに応じて音声や画面表示でメッセージを伝え、行動のヒントを与えたり、親しみや癒しを提供するという。毎日使用することで「気心の知れた友達のような存在」に進化するという。

 ロボット掃除機「COCOROBO」などに搭載されている人工知能「ココロエンジン」の技術をベースに、モバイル端末向けに新開発。emopaは「Emotional Partner」から成る造語で、モバイル端末をユーザーが愛着を感じられるパートナーに進化させることを目標に開発したという。

 今後、さまざまなサービス提供事業者と連携しながらemopaの開発を進めていく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -