ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2014年10月02日 19時03分 UPDATE

エプソン、腕に装着するだけで脈拍を測れる活動量計「PULSENSE」

エプソンは、腕に装着するだけで脈拍を計測したり、運動強度や消費カロリーなどを確認できる活動量計「PULSENSE」シリーズを11月6日に発売する。

[ITmedia]

 エプソンは10月2日、腕に装着するだけで脈拍を計測したり、運動強度や消費カロリーなどを確認できる活動量計「PULSENSE」シリーズを11月6日に発売すると発表した。液晶ディスプレイを備えた「PS-500B」と液晶ディスプレイなしのバンド型「PS-100シリーズ」の2タイプを展開する。オープン価格。

画像

 独自の高精度脈拍センサーを搭載。血中のヘモグロビンが光を吸収する性質を利用し、手首の血管にLED光を照射、血流の変化により脈拍数を計測する。加速度計で体の動きをとらえながら脈拍で体の負荷を計測でき、より正確な運動強度と消費カロリーを算出できるとしている。脈拍は36時間連続で計測可能だ。

 脂肪燃焼や持久力向上などユーザーの目的に合った運動強度を5つの「心拍ゾーン」に置き換えて表示。運動中は本体のLEDライトと振動で運動強度をリアルタイムに知らせる。脈拍と活動量から睡眠に入ったことを自動で検知する機能を搭載。就寝前に睡眠モードに切り替えることなく、睡眠時間や眠りの深さを可視化できる。

 計測したデータはスマートフォン向け専用アプリ「PULSENSE View」(「PS-500B」のみPCアプリにも対応)にBluetoothで転送し、細かなデータを表示・分析できる。心拍ゾーンごとの活動時間や1日の歩数、移動距離、消費カロリーや睡眠、「こころバランス」の確認が可能だ。

 食事記録を入力すると摂取カロリーを計算し、カロリー収支を表示したり、体重を入力しておき、体重推移とカロリー収支から将来の体重推移予測をグラフ化したり、活動へのアドバイスメールを毎週受け取るといったことも可能だ。

 「PS-500B」はブラックの1色、1サイズのみ。「PS-100BL」はブラックとターコイズブルーの2色で、LサイズとSサイズを展開する。今後1年間で5万台の販売を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.