ニュース
» 2014年10月07日 07時40分 UPDATE

AT&Tの従業員が顧客情報に不正アクセス

AT&Tの従業員が顧客のアカウントに許可なくアクセスしていたことが分かり、解雇された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米AT&Tの従業員が顧客のアカウントに許可なくアクセスし、社会保障番号や運転免許番号を含むアカウント情報を入手した可能性があることが分かった。

 米バーモント州司法長官が公開したAT&Tからの通知によると、同社従業員が2014年8月、許可なく顧客のアカウントにアクセスした。社会保障番号や運転免許番号のほか、顧客が契約している通信サービスに関する情報「Customer Proprietary Network Information(CPNI)」も参照できる状態だったとされる。

 不正アクセスした従業員は解雇され、AT&Tは米連邦通信委員会(FCC)の規定に従って連邦捜査当局に通報した。

 影響を受けた顧客の数は分かっていない。同社は通知の中で、クレジットカードの使用履歴モニタサービス提供などの対応について説明。アカウントにパスコードを設定している場合は変更し、設定していない場合は設定するよう顧客に呼び掛けている。

att01.jpg 公開されたAT&Tからの書簡

関連キーワード

AT&T | 不正アクセス | 情報盗難


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -