ニュース
» 2014年10月09日 15時29分 UPDATE

「LINE@」のID、全ユーザーに開放 “仕事用サブアカウント”誰でも可能に

LINEのビジネスアカウント「LINE@」(ラインアット)のIDが年内にすべてのユーザーに開放。プライベートとは別アカウントでLINEを仕事で利用したい際などに利用できる。

[岡田有花,ITmedia]

 LINEは10月9日、LINEのビジネスアカウント「LINE@」(ラインアット)のIDを年内にすべてのユーザーに開放すると発表した。プライベートとは別アカウントでLINEを仕事で利用したい際などに利用できる。


画像
画像 通常アカウントと「LINE@」のアカウントの比較

 「LINE@」は、LINE上で企業が情報発信するためのアカウント。企業や店舗向けに提供していたが、一般ユーザーにも開放する。LINEとは別の専用アプリから利用することになる。

 プライベートとは別のアカウントを使ってLINEでクライアントに連絡する場合など、ビジネス利用を主に想定。1つのアカウントを複数人で共有したり、1人で複数アカウントを所有することもできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -