ニュース
» 2014年10月09日 17時39分 UPDATE

LINEとエイベックス、ソニー・ミュージックが新会社 定額制音楽配信「LINE MUSIC」提供へ

LINEとエイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテイメントが「LINE MUSIC株式会社(仮称)」を設立。サブスクリプション型のストリーミング音楽配信サービスを提供する。

[ITmedia]

 LINEとエイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテイメントは10月9日、LINEプラットフォームで展開する音楽サービス「LINE MUSIC」を提供する新会社「LINE MUSIC株式会社(仮称)」を10月下旬に設立することで同意したと発表した。

画像 左からソニー・ミュージックCOOの村松俊亮氏、LINEの舛田CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)

 新会社の資本金は4億8000万円(資本準備金も同額)、代表者はLINEの舛田淳CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)。エイベックスとソニー・ミュージックの音楽コンテンツ、LINEのプラットフォームを融合し、サブスクリプション型のストリーミング音楽配信サービスを提供する。

 具体的なサービス内容は明かしていないが、舛田CSMOは「サブスクリプション型(定額制)ストリーミングの日本モデルを作る」と話している。エイベックスの千葉龍平副社長は「尾崎豊の『I LOVE YOU』で感情を伝えるなど、コミュニケーションの材料として音楽を広げたい」と述べた。

 LINE MUSICは8月に一度発表していたサービス。舛田氏によると、開発は一度完了し、リリース直前まで行ったが、「機能が不十分で、価格や楽曲ラインアップなども不足していた」ためリリースをとりやめたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -