ニュース
» 2014年10月16日 18時53分 UPDATE

KDDI、スマホ向け新ポータル「Syn.」 買収したnanapiやナタリー参加 「オープンなインターネットをスマホにも」 (1/2)

KDDIがスマホ向け新ポータル「Syn.」(シンドット)を発表。買収した「ナタリー」や「nanapi」など10以上のスマホサービスを連携させ、新たな“ポータルサイト”を構築しようという構想だ。

[岡田有花,ITmedia]

 KDDIは10月16日、スマートフォン向け新ポータル構想「Syn.」(シンドット)を発表した。ネット企業が運営する10以上のスマホ向けサービスを連携させ、スマートフォン時代の“ポータルサイト”を作ろうという構想。KDDIは、参加各社に出資するなどプラットフォームの“黒子”に回りつつ、auユーザーだけでない幅広いネットユーザーとの接点を広げる狙いだ。

画像 参加各社の代表

 第1弾として同日、「ナタリー」や「nanapi」など13サイト/アプリに共通サイドメニューを設け、お互いのサービスを行き来しやすくした。将来は、カレンダーアプリに行き先を登録しておけばナビアプリが目的地まで案内してくれる――など、アプリ同士を密に連携させていきたいという。

ナタリーに続きnanapi買収 12社・13サイトの連合体に

 同構想の発表に先立ち、「音楽ナタリー」「コミックナタリー」を運営するナタリーを買収。ハウツー情報サイト「nanapi」を運営するnanapiと、ランキングサイト「Qrank」を提供するビットセラーも買収した(買収額は非公開)。

 このほか、ファッションアプリ「iQon」を運営するVASILY、ECサイト「LUXA」を提供するルクサ、手帳アプリ「Jorte」を提供するジョルテ、ゲームアプリ情報「ゲームギフト」を提供するAppBroadCastにも出資。3社の買収とあわせ、総額約120億円を投じたという。

画像 共通サイドメニュー。メニュー上部は各サービス専用メニューとして個別にカスタマイズされており、下部は他サイト/サービスへのリンクとなっている

 Syn.プラットフォーム参加サービスは「Syn.alliance」(シンドットアライアンス)という連合体を構成。上記7社・8サイトに加え、オンラインブックマーク「はてなブックマーク」、化粧品口コミサイト「@cosme」、天気情報「ウェザーニューズ」、地図「NAVITIME」、ニュースサービス「報道ヘッドライン」の計12社・13サイトで、のべ月間ユニークユーザー数は4100万にのぼるという。

 第1弾として同日から、各社が提供するスマホ向けサイトやアプリに共通サイドメニュー「Syn.menu」(シンドットメニュー)を設置。サイドメニュー上にほかのサービスへのリンクを設置し、ダイレクトに行き来できるようにする。個別のサイトやサービスが“中心のないポータル”となり、別ジャンルのサービスに簡単にアクセス可能になるイメージだ。

 参加企業は、お互いのユーザーがサイトを回遊することで、トラフィックの拡大が期待できる。加えて、サイドメニュー上部に設置した広告枠「Syn.ad」(シンドットアド)の収益をページビューに応じて各企業間でシェアすることで、売り上げの拡大にもつなげる。

 今後も参加サービス数は増える見通しだが、ユーザーが求めるサービスに限定し、合計20〜30サービス程度にとどめるという。2015年10月に参加サービス/アプリの月間のべ利用者数1億、サイドメニュー広告のインプレッションは17年度に月間100億を目指す。

 プラットフォーム名「Syn.」は、「Synapse」(シナプス)、「Synchronize」(同時性を持つ)、「Synergy」(シナジー)などの頭文字から取ったという。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -