ニュース
» 2014年10月30日 09時21分 UPDATE

ワトソンでツイート解析:TwitterとIBM、ビジネス分析で提携

IBMの顧客はTwitterのfirehose(公開ツイートデータ)をIBMのWatson Analyticsなどのクラウドベースの解析サービスで分析し、意思決定の参考にできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterと米IBMは10月29日(現地時間)、企業向けのツイートデータ分析サービスで提携したと発表した。firehoseと呼ばれる膨大な公開ツイートのリアルタイムデータをIBMの「Watson Analytics」をはじめとするクラウドベースの解析サービスで利用できるようになる。

 ibm

 Watson AnalyticsはIBMが9月に発表した自然言語ベースの“コグニティブサービス”。ユーザーは例えば「うちの製品で顧客に一番人気があるのは何?」「ブラジルで急に売り上げが伸びたのはなぜ?」といった多変量・パターン依存な質問を入力することで、ツイートデータの解析結果を得ることができる。

 watson Watson Analytics

 Twitterはこれまでも企業や学術研究者にfirefoseを提供してきたが、IBMでの提携ではデータを提供するだけでなく、企業向けの意思決定アプリケーションを共同開発するという。Twitterは4月に発表したGnipの買収により、こうした協力が可能になったとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -