ニュース
» 2014年10月30日 12時17分 UPDATE

LINE事業の7〜9月期、売上高倍増 209億円に

LINE事業の7〜9月期の売上高は209億円と、前年同期比104.2%増(前四半期比17.7%増)に成長した。

[ITmedia]
画像

 LINEが10月30日に発表した2014年7〜9月期の連結業績(監査未完了)は、売上高が前年同期比82.9%増(前四半期比16.6%増)の230億円に成長した。基幹となるLINE事業の売上高は209億円と、前年同期比104.2%増(前四半期比17.7%増)に伸びている。

 LINEの月間アクティブユーザー(MAU)数は約1億7000万人。LINEがトップシェアを占める日本・タイ・台湾のMAUは約8700万人という。登録ユーザー数はコロンビアで1000万、米国で2500万、インドで3000万ユーザーを超え、1000万を超えた国は計11カ国になったという。

 タイ・台湾・インドネシアなどLINEのシェアが高い東南アジアの国々では、日本で成功したビジネスモデルを水平展開しつつ、各国ごとにローカライズしたサービスも提供し、プラットフォーム展開を推進。今後は欧米や南米でもプラットフォーム展開を進めるほか、「LINEマンガ」のグローバル展開や決済システムの導入なども行っていく。

 ゲーム事業は「LINEレンジャー」「LINEゲットリッチ」「LINE:ディズニーツムツム」が引き続き好調。日本・台湾・タイ・インドネシアで企業とのコラボレーションやイベント、テレビCMなどを展開し、売り上げを増やした。「LINEポコポコ」と「LINEステージ」は日本とアジアを中心に好調で、今後の成長が期待できるとしている。

 広告事業は、LINEのメッセージ送受信機能を企業向けにAPI経由で提供し、各社のCRM基盤として活用できる「LINEビジネスコネクト」の導入企業が日本で増加。台湾では9月から「LINE@」の提供を開始し、利用企業が順調に増えているという。

 ユーザーがLINE向けスタンプを自作・販売できる「LINE Creators Market」は9月末時点で139カ国のクリエイターが参加し、登録クリエイター数は25万人以上、販売スタンプ数は2万3000セットを突破したという。

 同社の森川亮社長は「LINEはコミュニケーションを軸に、プラットフォームとしてさらに進化し、トップシェアを占めるアジア諸国での事業拡大はもちろん、海外展開をさらに加速させ、サービスや売上基盤の拡大に引き続き注力する」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -