ニュース
» 2014年11月05日 17時50分 UPDATE

空飛ぶウェアラブルカメラ「Nixie」、Intelのコンテストで50万ドル獲得

「Nixie」は手首に装着できるが、外せば空を飛んで写真を撮影するという空飛ぶウェアラブルカメラだ。

[ITmedia]

 リストバンドが空を飛んだ──世界初だという空を飛ぶウェアラブルカメラ「Nixie」が、米Intelのウェアラブルデバイスコンテストで優勝し、賞金の50万ドルを獲得した。

photo Nixieは“ウェアラブルドローンカメラ”だ
photo
photo
photo 手首に装着できる

 Nixieは実験物理学の博士号を持つスタンフォード大学のポスドク研究者、クリストフ・コーストール氏が発明。普段は腕時計のように手首に巻ける形状だが、外れると4つのローターで空を飛ぶドローンとなり、空中から写真を撮影。スマートフォンで閲覧できるという仕組みだ。

 「ブーメラン」モード時は飛び立って写真を撮影後、ユーザーのもとに帰ってくる。「フォローミー」モード時は、飛びながらユーザーの撮影を続ける。ロッククライマーなどの自分撮り用途を想定しているという。

 現在はプロトタイプ段階だが、将来は市販も計画。獲得賞金は改善に充てるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -