ニュース
» 2014年11月13日 01時05分 UPDATE

人類初の彗星着陸に成功 探査機ロゼッタと着陸機フィラエ

探査機ロゼッタが投下した着陸機フィラエがチュリモフ・ゲラシメンコ彗星への着陸に成功した。

[ITmedia]

 欧州宇宙機関(ESA)は11月13日午前1時過ぎ(日本時間)、探査機「ロゼッタ」が投下した着陸機「フィラエ」がチュリモフ・ゲラシメンコ彗星への着陸に成功したと発表した。彗星への着陸成功は史上初。着陸直前にフィラエが撮影した彗星表面の写真も公開した(着陸地の写真も公開された)。

photo 分離・投下後にロゼッタが撮影した着陸機フィラエ。3本のランディングギアを展開している
photo 着陸するフィラエのイメージ

 ロゼッタは現在、地球から5億950万キロの火星軌道と木星軌道の間にある。2004年3月の打ち上げから総距離60億キロの旅を経て、今年8月にチュリモフ・ゲラシメンコ彗星に到着した。

 日本時間の12日午後5時35分にロゼッタからフィラエを分離し、彗星への降下を開始。7時間かけて着陸に成功した。

 ドイツ・ダルムシュタットのESA管制センターでは、着陸成功の信号が届くと歓声が上がり、公式Twitterアカウントは成功を祝った。

photo フィラエ公式アカウントは各国で「到着!新しい住所は67P!(チュリモフ・ゲラシメンコ彗星の番号)」とツイート

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -