ニュース
» 2014年11月17日 18時19分 UPDATE

高速AF・HDRの4K動画撮影に対応したスマホ向け2100万画素CMOSセンサー ソニーが発売

高速オートフォーカスと4K動画のHDR撮影に対応した1/2.4インチ有効2100万画素のスマートフォン向けCMOSイメージセンサーをソニーが商品化した。

[ITmedia]
画像 Exmor RS「IMX230」

 ソニーは11月17日、高速オートフォーカスと4K動画のHDR(ハイダイナミックレンジ)撮影に対応した1/2.4インチ有効2100万画素のスマートフォン向けCMOSイメージセンサーExmor RS「IMX230」を商品化したと発表した。来年4月から順次出荷する。サンプル価格は2100円(税別)。

 動きの速い被写体へのフォーカス追従性に優れた「像面位相差AF信号処理機能」をスマートフォン向けのCMOSセンサーとして業界で初めて搭載した。イメージセンサーの画面に「像面位相差AF」専用画素を離散的に埋め込み、専用画素から得た情報を基に被写体までの距離やフォーカスを合わせるためのレンズ位置を計算する。

 HDR機能では逆光など明暗差が大きなシーンで、ハイライトからシャドーまで階調豊かに表現でき、新たに4K動画撮影や高解像度の静止画に対応した。

 Exmor RSは、同社独自の積層型構造を採用し高画質化・高機能化・小型化を両立したCMOSイメージセンサーで、2012年に初めて商品化した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -