ニュース
» 2014年11月18日 09時48分 UPDATE

Cisco、企業向けソーシャルミュニケーションサービス「Project Squared」、無料のiOS/Androidアプリも公開

UCに取り組んできたCiscoが、MicrosoftのYammerのような企業向けソーシャルネットワークサービス「Project Squared」を発表した。Webブラウザと無料のiOS/Android/Mac/PC向けアプリで利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Cisco Systemsは11月17日(現地時間)、企業向けコラボレーションサービス「Project Squared」を発表した。まずは無料の招待制で、iOS、Android、Mac、PC用アプリを公開した。ChromeやFirefoxなどのWebブラウザからも利用できる。

 cisco 1

 Project Squaredは米Microsoftの「Yammer」のようなエンタープライズソーシャルネットワークサービス。社内外のユーザーとプロジェクトごとにグループ(Room)を作り、グループ内でのチャット、動画チャット、ファイル共有が可能。Ciscoの「InerCloud」や米Boxのクラウドストレージ上のファイルを共有でき、ダウンロードする必要がない。

 cisco 2 Anroid版はGoogle Playから既にダウンロードできる

 Boxの他、各種カレンダー、米MicrosoftのActive Directory、CiscoのWebEXとも統合されている。例えばカレンダーと連係したグループメンバーへのプッシュ通知や、WebEXのオンライン会議へのProject Squaredからの参加などが可能だ。

 cisco 3 Roomの例(Mac版)

 同サービスはCiscoの「Cisco Collaboration Cloud」 プラットフォーム上に構築されており、エンドツーエンドの暗号化など、エンタープライズレベルのセキュリティを備えるという。

 利用申し込みはこちらから。本稿筆者がGmailアカウントで申し込んだところ、準備ができたら招待メールを送るという通知が届いた。

 同社は以前からWebEXやJabberなどのコミュニケーションサービスを提供しており、これらの既存サービスとProject Squaredを今後併存させていくのかどうかは不明だ。名称に「Project」が付いていることからも分かるように、このサービスはまだプロジェクト段階だ。

 Project Squareのような企業向けのコラボレーション/プロダクティビティサービスとしては、Yammerの他、Google Appsや新興企業SlackのSlackなどがある。米Facebookも同様の「Facebook at Work」を準備中と報じられている


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -