ニュース
» 2014年11月18日 10時48分 UPDATE

Ingressとローソンが国内初コラボ 全店舗が「ポータル」に

ローソンが国内企業として初めてIngressとコラボ。全国のローソン1万780店舗がポータルとなる。

[ITmedia]
画像

 ローソンは11月18日、Googleが提供するスマートフォン向け位置情報ゲーム「Ingress」とコラボレーションしたと発表した。全国のローソン1万780店舗(ナチュラルローソン・ローソンマート・ローソンストア100は対象外)が、Ingressの「ポータル」になる。

 Ingressは位置情報を利用した“リアル陣取りゲーム”で、世界で700万人にダウンロードされている。プレイヤーは青と緑の陣営に分かれ、現実世界の名所や旧跡、建物などに設定された「ポータル」をハック(チェックイン)し、自陣のエリア拡大を目指す。

 ローソンは全国の店舗をポータルにするほか、今後、Ingressオリジナルグッズの販売や、販売商品とタイアップしたパスコードの配布、ローソンオリジナルミッションなどの提供を予定。ローソン店舗への来店促進とIngressの活性化・認知拡大に努めるとしている。

 Ingressをめぐっては、盛岡市内を歩きながらポータルを探すイベントを岩手県が実施して話題を集めた。海外では企業コラボの事例があるが、国内企業とのコラボはローソンが初となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -