ニュース
» 2014年11月19日 16時38分 UPDATE

フランス映画社が破産 「勝手にしやがれ」「ベルリン・天使の詩」など配給

欧州の作品を中心に映画配給を手がけてきたフランス映画社が破産。

[ITmedia]

 帝国データバンクによると、欧州の作品を中心に映画配給を手がけてきたフランス映画社が11月7日に自己破産を申し立て、12日に東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債は約3800万円。

 1968年に設立され、大島渚監督「愛のコリーダ」など国内作品の海外展開に携わった後、フランスを中心に欧州の映画を紹介する「BOW」(Best of World)シリーズを手がけ、「ベルリン・天使の詩」「勝手にしやがれ」「旅芸人の記録」「ピアノ・レッスン」などを配給してきた。

 かつては年間7億円前後の売上高があったが、ハリウッド映画の隆盛などから配給は減少傾向に。近年の売上高は1億円程度に落ち込み、今年8月には実質的に営業を停止していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -