ニュース
» 2014年11月20日 19時07分 UPDATE

ヤマハ、「VOCALOID4」発表 グロウルや2つの音声ライブラリ合成など新機能

3年ぶりの新バージョン「VOCALOID4」をヤマハが発表。のどをふるわせる「グロウル」や、2つのライブラリを合成できる「クロスシンセシス」など新機能が登場した。

[ITmedia]

 ヤマハは11月20日、VOCALOIDの新バージョン「VOCALOID 4」を発表した。VOCALOID3から3年ぶりとなる新版では、うなるような声を出したり、2つのライブラリを合成するなどの新機能が追加され、さらに合成品質を向上させているという。

photo

 「VOCALOID4 Editor」「VOCALOID4 Editor for Cubase」「VOCALOID4 Library VY1V4」を12月下旬に発売する。価格はオープン。

「グロウル」「クロスシンセシス」対応の「VOCALOID4 Editor」

photo VOCALOID4 Editor

 「VOCALOID4 Editor」では、、(1)声を激しく振るわせ、うなるような効果が得られる「グロウル機能」、(2)2種類の歌声ライブラリをブレンドし、歌声ライブラリ間で自由に音色をコントロールすることができる「クロスシンセシス機能」の搭載で合成品質の向上を図った。

 グロウルは「ブルースやロックなどをはじめ、喉を震わせるような歌唱表現が求められる場面で活躍する」という。またクロスシンセシスでは「ブレンド具合を時系列で調節できるため、優しい声からパワフルな声への変化などを滑らかにつけることができる」としている。

 ピッチの変化を視覚的に分かりやすく表示する「ピッチレンダリング機能」を新搭載した。歌声ライブラリはVOCALOID3かVOCALOID4に対応する。

photo VOCALOID4 Library VY1V4のパッケージ

VOCALOID4の性能を引き出す女声ライブラリ「VY1V4」

 同時発売の女声ライブラリ「VOCALOID4 Library VY1V4」はVOCALOID4に対応し、「グロウル」と「クロスシンセシス」の性能を最大限引き出せる4つのライブラリを収録。パッケージイラストは人気イラストレーターの坂本ヒメミさんが手がけた。

「VOCALOID4 Editor for Cubase」も

photo VOCALOID4 Editor for Cubase

 VOCALOID4 Editor for Cubaseは、DAWソフト「Cubase 7」でVOCALOID4 Editorの機能を利用できるソフト。MIDI機器からVOCALOIDのシーケンスデータをリアルタイムに入力できるようになる。また、パッケージ版にはCubase 7のコンパクト版「Cubase AI」を同梱。作曲・歌声制作・録音・編集・ミックスまでをこれ1本で行えるとしている。

V3からのアップグレードキャンペーンも実施

 VOCALOID3ユーザーが手軽にバージョンアップを行えるように「VOCALOID4 アップグレードキャンペーン」を実施する。

 「VOCALOID3 Editor(SE)」「VOCALOID Editor for Cubase(NEO)」「VOCALOID3 Library VY1V3(SE/NEO)」を購入したユーザーは、「VOCALOID4 Editor」「VOCALOID4 Editor for Cubase」か、「VOCALOID4 Library VY1V4」を、公式オンラインサイト「VOCALOID STORE」で5400円(税込)で購入できる。

 また11月10日以降に「VOCALOID3 Editor(SE)」「VOCALOID Editor for Cubase NEO」を購入した人を対象に。「VOCALOID4 Editor」か「VOCALOID4 Editor for Cubase」を2015年6月末まで無償提供するキャンペーンも実施する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -