ニュース
» 2014年11月26日 13時37分 UPDATE

残りは43億人に:世界のネット利用者が30億人超え──ITU

国連機関の国際電気通信連合(ITU)が、世界のインターネット利用者数が30億人を超えたと発表した。これでネットを利用していない人は残り43億人になる。その9割は新興国の人々だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 国際連合(UN)の専門機関である国際電気通信連合(ITU)は11月24日、世界のインターネット利用者数が30億人を超えたと発表した。ITUは今年5月、年内に30億人を突破すると予測していた。

 2014年のネット利用者数は、前年より6.6%増加した。新興国での増加が8.7%と先進国より2倍以上の伸びだった。新興国におけるネット利用者数は過去5年間で倍増したが、まだインターネットを利用していない人は約43億人おり、その9割は新興国の人々だ。

 普及率が最も低いのはアフリカ大陸で、わずか19%。だが前年比13%増加しており、4年前の2倍になるという。

 itu ネット接続世帯率推移(左)、地域別ネット接続世帯率(右)

 米Facebookは“残りの50億人(今後は残りの43億人、になる)”にインターネットを提供することを目標とする「Internet.org」の取り組みの一環で、7月にアフリカのザンビアでデータ課金なしでネットの基本サービスを使えるようにするモバイルアプリを公開した

 米Googleも、「Project Loon」や「Android One」などで、インターネットの普及に取り組んでいる。

 ITUは「Code 2020」イニシアチブで、2020年までにインターネット利用者をあと15億人増やすという目標を掲げている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -