ニュース
» 2014年11月27日 07時28分 UPDATE

ソニー、電子ペーパー製スマートウォッチを開発中か──Bloomberg報道

ソニーが、文字盤部分だけでなくベルト部分も電子ペーパー製のスマートウォッチを開発中とBloombergが報じた。全体が電子ペーパー製であれば、薄く軽量にできるだけでなく、端末全体のデザインをカスタマイズできそうだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソニーが文字盤とベルトに電子ペーパーを採用するスマートウォッチを開発中であると、米Bloombergが11月26日(現地時間)、匿名希望の情報筋の話として伝えた。早ければ来年にもリリースするという。

 同社は既に「SmartWatch」シリーズのスマートウォッチを販売しているが、こちらはディスプレイは半透過型のTFT液晶で、ベルト部分はシリコン製だ。

 sony 1 SmartWatch 3

 Bloombergは「電子ペーパー」と報じているが、ソニーはデジタルペーパー「DPT-S1」でE Inkと共同開発したフレキシブル電子ペーパー「Mobius」を採用しており、新スマートウォッチにもMobiusを採用している可能性がある。MobiusはE Ink製の前面板(FPL)にプラスチックのTFTをラミネートしたものだ。

 sony 2 Mobiusの説明画

 文字盤だけでなくベルトも電子ペーパー製であれば、薄く軽量にできるだけでなく、端末全体のデザインをカスタマイズできる。Bloomubergによると、この端末は米Appleの「Apple Watch」やソニーの「SmartWatch」のようにテクノロジーを重視したものではなく、デザインを重視したものになるという。

 この端末は、ソニーの平井一夫社長兼CEOが今年立ち上げた新規事業創出部(11月16日まで十時裕樹役員が統括していた)が取り組んでいるという。この部署は、社内からアイデアを募ってビジネスモデルの検証を行い、事業化に取り組んでいる。

 同社の4〜9月期の連結決算(米国会計基準)は、営業損益が157億円の赤字で、通期では2300億円の最終赤字になる見通しだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -