ニュース
» 2014年12月03日 15時13分 UPDATE

「はやぶさ2」分離成功 小惑星へ旅立ち

小惑星探査機「はやぶさ2」がロケットからの分離に成功。約3億キロの彼方にある小惑星への旅が始まった。

[ITmedia]

 小惑星探査機「はやぶさ2」が12月3日午後1時22分、H-IIAロケット26号機で種子島宇宙センターから打ち上げられ、午後3時9分、ロケットからの分離に成功した。約3億キロの彼方にある小惑星への旅が始まった。

 同ロケットの打ち上げは順調に進み、離床から1時間47分後の分離を確認。管制室からは拍手が上がった。米航空宇宙局(NASA)の深宇宙ネットワーク(DSN)ははやぶさ2との通信を開始している。

photo はやぶさ2の分離=JAXAのライブ中継より
photo 分離成功=JAXAのライブ中継より

 はやぶさ2は2018年夏に1999 JU3に到着。1年半にわたって滞在し、衝突装置により人工クレーターを作って宇宙線などにさらされていない小惑星の物質を採取するなどし、2020年末に地球に帰還する予定だ。

photo 1999 JU3に接近するはやぶさ3のイメージ
photo
photo はやぶさ2の搭載機器=JAXA提供
photo はやぶさ2のミッションパッチ。背景の赤い円は2つの高利得アンテナをイメージ
photo はやぶさがサンプルを持ち帰った小惑星「イトカワ」と、はやぶさ2が向かう「1999 JU3」の公転軌道=JAXA提供

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -