ニュース
» 2014年12月03日 16時37分 UPDATE

「はやぶさ2」ライブ中継「MCの声かわいすぎ」 声の主はJAXA職員・嶋根さん 「地声が高いんです」

「はやぶさ2」の打ち上げライブ中継でMCを務めた女性の声が「かわいすぎる」とネットで話題になった。声の主は嶋根愛理さん。ロケットの要素技術を開発するJAXA宇宙輸送系要素技術開発センターの開発員だ。

[岡田有花,ITmedia]

 12月3日に配信された、小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げライブ中継で、MCの女性の声が「かわいすぎる」とネットで話題になった。声の主は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)職員の嶋根愛理(しまねえり)さん(31)。ロケットの要素技術を開発する宇宙輸送系要素技術開発センターの開発員だ。視聴者の反響に対して本人は「地声が高いんです」と話しているという。

画像 JAXAの「はやぶさ2」ライブ配信ページの「MC紹介」より

 嶋根さんは、ライブ中継の全編にわたってMCを担当。はやぶさ2のミッションの解説や、打ち上げの様子の実況、ユーザーからのメッセージの読み上げなどを行った。ハイトーンのかわいらしい声で、ライブ中継を観ていたユーザーからは「かわいい」「癒される」「萌える」などのコメントが相次いで投稿された。

 JAXAの広報担当者によると嶋根さんは、ロケットの要素技術を開発する宇宙輸送系要素技術開発センターで「アビオ系」と呼ばれる電子機器系の開発を担当しているという。打ち上げライブ中継のMCは従来から輸送系の比較的若いメンバーが行っており、今回は入社6年目の嶋根さんが担当した。これまで打ち上げ時は管制室などにいたため、実際の打ち上げを見るのは初めてと語っていた。

画像 嶋根さんがRCOを担当した「準天頂衛星みちびき」のインタビュー記事(三菱電機のWebサイト)より

 ライブ中継終了後、嶋根さんにユーザーからの反応を伝えてもらったところ、本人は「地声が高いんです。落ち着いた雰囲気で放送しようと思ったんですが、自然な声の方がよく伝わるかと思い、あえて普段の声でお話しをさせていただいた」と話していたという。

 嶋根さんは2010年、「準天頂衛星みちびき」の射場管制官(RCO)も担当しており、三菱電機のWebサイトに当時のインタビューが掲載されている。その中でもインタビュアーの「すごくいい声をしてらっしゃいますものね」との言葉に、「女性の声のほうが通りやすいみたいで。きっとうるさいぐらいだと思われているかも(笑)」と答えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -