ニュース
» 2014年12月04日 19時44分 UPDATE

ヤフー、IoT開発支援プラットフォーム 来春始動

APIなどを公開するIoT事業者向け開発支援プラットフォームをヤフーが来春スタートする。

[ITmedia]

 ヤフーは12月4日、IoT事業者の開発支援プラットフォームを来春提供開始すると発表した。特設サイトでは最新情報を希望するユーザーを募っている。

photo

 自動車や家電など、身の回りの製品をインターネットにつなげて新しい価値を産むことを目的としたIoT(Internet of Things:モノのインターネット)。世界的に注目が集まっているが、Webサービスとの開発や連携、サーバー構築や運用など、開発に多様な技術が必要な点がネックとなっている。

 プラットフォームを通じて製品とWebを連携しやすくするサービスやAPIを公開し、大手メーカーからスタートアップ企業まで多くの事業者や開発者を支援する狙い。公開するAPIはYahoo!Japanの各サービスだけでなく、国内外のネット事業者からも協力を募る。

 ワイモバイルとも連携し、IoT製品のワイモバイルショップでの販売や、モバイルネットワークを使った開発面での支援などに取り組む予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -