ニュース
» 2014年12月12日 10時08分 UPDATE

Chromecast、複数Android端末からキャストできる「ゲストモード」追加

Android版Chromecastアプリに、同じ部屋にいる友達のAndroid端末からWi-Fiネットワークに接続させずにChromecastにキャストさせる「ゲストモード」が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月11日(現地時間)、テレビ用デバイス「Chromecast」のAndroidアプリをアップデートし、同じWi-Fiネットワークに接続していないAndroid端末からもキャストできる「ゲストモード」(β)を追加したと発表した。この機能はAndroid 4.2.2(コードネーム:KitKat)以降の端末で利用できる。

 ChromecastアプリをインストールしてあるKitKat以降を搭載する端末であれば、Wi-Fiネットワークに接続していなくても自動的にChromecastに接続し、YouTube動画などのキャストができる。

 ゲストモードはオプトイン(初期設定では無効)になっており、対応する端末でChromecastアプリをアップデートすると、有効にするかどうか確認する画面が表示され、[OK]をタップすると設定画面になる。

 cast

 有効にすると自動的に4桁のPINコードが設定される。Chromecastがこの4桁のPINを耳に聞こえない音波で近くにあるゲスト端末に転送することで、自動的にペアリングが設定される。音によるペアリングが失敗した場合は、テレビ画面に表示されているPINコードを手動で入力する。

 ゲスト側は、[≡]メニューで「画面をキャスト」を選択し、「画面をキャスト」ボタンをタップする。

 cast 2

 このアップデートで、マテリアルデザインにも対応し、幾つかのバグも修正された。

 本稿執筆現在、ゲストモードはChrome拡張機能版とiOS版には追加されていない。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -