ニュース
» 2014年12月16日 20時17分 UPDATE

LINEの決済サービス「LINE Pay」スタート 相手の口座知らなくてもLINEの友人に送金

LINEと連携した送金・決済サービス「LINE Pay」がスタート。まずは、LINEを通じてユーザー間での送金が行える機能などを提供する。

[ITmedia]

 LINEは12月16日、スマートフォン版「LINE」をアップデートし、送金・決済サービス「LINE Pay」を公開した。まずは、LINEを通じてユーザー間での送金が行える機能と、LINEスタンプなどを販売する「LINEウェブストア」での決済機能を提供。今後、提携サービスや店舗を広げる。運営はLINE子会社のLINE Payが行う。

画像 チャージ

 ユーザーは、LINE上でLINE Payアカウントを登録した上で、銀行口座振替かコンビニ、Pay-easyで事前チャージするか、クレジットカードで支払いを登録して利用する。銀行口座はみずほ銀行か三井住友銀行のネット口座、コンビニはローソン/ファミリーマート/ミニストップ/サークルKサンクス/セイコーマートで対応する。

 LINEの友人に送金する際は、LINE Pay上から相手を選択し、支払金額・メッセージを入力すればOK。送金は手数料無料だ。出金は、全国ほぼすべての金融機関で可能で、200円(税別)の手数料がかる。送金・出金とも、運転免許証の写真をLINE Payに送るなどして本人確認を行ったユーザーのみ利用できる。

 LINEのトークを通じて特定の相手に支払いを要請する「送金依頼」機能、合計の支払額とメンバーを選ぶだけで、均等に分けた金額を1人1人に請求できる「割り勘」機能も備えた。

画像 送金・出金依頼
画像 出金
画像 割り勘機能

 セキュリティにも配慮。本人確認していないユーザーは利用できる機能を制限したほか、LINEのパスワードとは異なるLINE Pay専用パスワードを登録してもらい、送金や決済時に入力を必須にしたり、不正な動きをするアカウントを検知・報告するモニタリングシステムを導入するなどし、安心・安全に利用できるよう工夫している。

 近日中に、LINE Pay導入加盟店やサイト、アプリの募集をスタート。ECサイト事業者を中心に加盟店の拡大を図っていく。加盟店手数料は、導入から2年間は月間決済額100万円まで0%、100万円超えた分は物販が3.45%、デジタルコンテンツが5.5%と、「国内主要ID決済サービスよりも格安の料率」としている。オフライン店舗との連携も拡大する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -