ニュース
» 2015年01月07日 20時15分 UPDATE

周囲の音声をクラウドで解析、通知や家電操作を行えるデバイス「Listnr」 泣き声で赤ちゃんの感情も分類

周囲の音声をクラウドサーバ上で音声解析し、乳児の感情分析や家電操作ができる小型デバイス「Listnr」をInterphenomが発表した。

[ITmedia]

 Interphenomは1月7日、周囲の音声をクラウドで解析し、スマートフォンへ状況を通知したり、家電操作を自動で行うことなどできるデバイス「Listnr」を発表した。クラウドファンディングサイトKickstarterを通じて制作資金を募っている。

photo

 Wi-Fi接続機能とマイクを搭載した68(高さ)×112(幅)×68(奥行き)ミリの小型デバイス。集音した周囲の音声をWi-Fi経由でクラウドサーバに自動でアップロードする。特定の音声を認識した場合に本体のLEDが光ったり、スマホアプリに通知する機能を搭載する。

 パナソニックが製品化を模索していたという音声認識エンジンを採用し、製品本体はCerevoと共同開発。乳児の泣き声を「泣く」「笑う」「叫ぶ」「喃語」(なんご:乳児が発する意味のない声)の4パターンの感情に分類して伝えたり、指を鳴らしてスマホで操作できる照明器具「Philips hue」のオン/オフを切り替えたりできる。

photo 乳児の泣き声で感情を分析

 APIを公開し、Listnr対応サービスやアプリの開発も推奨する。録音した音声ファイルを指定したサーバにアップロードできるほか、同社技術による音声解析結果を利用することも可能だ。

 Kickstarterを通じて資金を募る。5万ドルで開発が決定し、7万5000ドルを超えるとAndroidアプリも提供する。

 ニューヨークのスタートアップ企業取材プロジェクトを、過去2回クラウドファンディングで実現させた江原理恵さんのアイデアから生まれた。ハードウェアスタートアップを支援する施設「DMM.make AKIBA」を通じてプロジェクトがスタートしたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -